大谷翔平を熱く応援するブログ

ファンの目線から大谷翔平選手の情報をお届けします。

大谷翔平の年俸は安すぎ!?低い理由は?

time 2016/12/24

大谷翔平の年俸は安すぎ!?低い理由は?

プロ野球今年も契約更改の季節ですね。
特に今年優勝した広島カープやCS出場を果たした
DeNAはUPした選手が多かったようです。

 

大谷翔平選手も年俸更改を終えました。
しかし安すぎるという声が殺到しています。

 

今回は大谷翔平選手の年俸が低い
理由についてです。

スポンサーリンク




大谷翔平選手の年俸は安すぎ?推移をチェック

2013年 年俸1500万円
成績 投3勝0敗 防御率4.23 打.238 HR3本
2014年 年俸3000万円
成績 投11勝4敗 防御率2.61 打.274 HR 10本
2015年 年俸1億円
成績 投15勝4敗 防御率2.24 打 .202 HR5本
2016年 年俸2億円
成績 投10勝4敗 防御率1.86 打 .322 HR22本
2017年 年俸2億7000万円

 

大谷翔平選手の年俸は2億7000万円。
高卒5年目での2億7000万円はダルビッシュ投手と並ぶ快挙。

 

しかしそれでも大谷翔平選手の年俸は安すぎと言われています。
その理由は成績の割にアップ率が低いことが原因の1つ。

 

今年は投打で獅子奮迅の活躍にも
かかわらずUP率が過去最低の
35パーセント。

 

投打でMVPを受賞したのにこれは低すぎる
というわけなんですね。
46124894
出典:https://prcm.jp/album/1994sh/pic/46124894
またチームで最高年俸となった中田翔選手の年俸が
2億8000万円です。

 

今年打点王に輝く活躍で優勝の立役者であることは
間違いありませんが打率や勝負強さの点で大谷翔平選手
に見劣りしますしHR数も中や選手が25本大谷選手22本で
3本多いだけです。

 

成績だけで見れば大谷翔平のほうが年俸は
高くてもおかしくない。しかし中田翔選手の
方が1000万高いわけです。

 

二人の『査定格差』大谷翔平選手の
年俸が『低い』『安すぎ』と言われる
原因なわけです。

スポンサーリンク




大谷翔平の年俸が低い理由は?

大谷翔平選手の年俸が低すぎる原因は主に3つある
と言われています。

 

日ハムという球団の懐事情

日ハムはソフトバンクや巨人などと違い
年俸総額に上限があります。

 

日本一になってもそれは基本的には変わりません。
今季日ハムは日本一になったこともあり各選手の年俸は
大幅にアップし1億円プレーヤー続出となりました。

 

そのおかげで日ハムの年俸総額は去年より4億も増えました。

 

日ハム年俸推移
2012年、26.6億円 2013年25.6億円 2014年25.2億円 2015年24.0億円 2016年23.0億円 2017年27.1億円

 

そのため大谷翔平選手の活躍がいかに異次元でも年俸まで
異次元にするわけにはいかないというわけです。
それをすると年俸総額の上限を超えてしまうというわけです。

メジャー流出が確定しているため年俸を抑えている

 

もう一つ言われているのが大谷翔平選手は元々メジャー
に流出することが想定されている選手。

 

それであれば年俸をそこまで上げる必要はないということ。
転職が決まっている社員に多額のボーナスを払いたくない
という会社の心理と一緒というわけです。

 

また今回大谷翔平選手の年俸を抑えた代わりに来年以降の
メジャー挑戦を容認したと言われています。

 

それであれば大谷翔平選手にとっても年俸が低くても
納得できるかもしれませんよね。

 

中田翔選手への配慮

 

今季は大谷翔平選手の活躍があまりにも目立ったために
あまりクローズアップされなかった中田翔選手。

 

しかし今年は打点王を獲得していますし
何よりチームのボス的存在。

 

そんな中田翔選手にチーム最高年俸という
花を持たせたにではないかと言われています。

 

また中田翔選手は来季オフにFAとなるので日ハムに残留して
もらうためにもチーム最高年俸とすることで
球団として誠意を見せたのではないかとされています。

 

まとめ

今回は『大谷翔平の年俸は安すぎ!?低い理由は?』
について見てきました。

 

大谷翔平選手の来季年俸は2億7000万円。
高卒5年目としてはダルビッシュ投手と並ぶ額。

 

それでも、安すぎ、低いと言われるのは今年の
活躍があまりに異次元だからでしょうね。

 

年俸が2億7000万に抑えられた理由は
1、球団の懐事情
2、メジャー移籍が確定しているため
3、中田翔選手への配慮

 

などがあげられるのではないでしょうか。
最後まで読んいただきありがとうございました。

スポンサーリンク




down

コメントする